相続した秋田市の土地・建物、どうなさいますか?
相続した不動産の今後をご相談ください
株式会社トラスト・マン
査定無料、買い取り、仲介、ご相談

安心して不動産売却をお任せ

業界歴30年を超える不動産売却のベテランである代表が運営する店舗なので、相続で取得した秋田市内の家の取り扱いに困ったらご相談ください。無料で不動産査定を依頼でき、相談をしてから売却を検討できます。

不慣れな対応もプロにお任せ
Check!
お客様のお役立ちのためのお手伝い
お客様が相続した家の不動産売却を様々な知見でアドバイスいたします
Point1

利用しないなら売ることも選択肢

お客様が相続された家に住まないということであれば、不動産売却も1つの選択肢となります。不動産査定も無料で対応しており、資料を見てから検討してみるのも一つの手ですので、お気軽にご相談ください。

Point2

軽いフットワークで素早く対応

秋田市エリアに特化した店舗ですので、お客様のご要望があれば、不動産売却の相談にすぐに対応いたします。お問い合わせから相談や査定、その他の買取のご相談等細かな対応も迅速に行いますので、ぜひご活用ください。

Point3

資格も多く持つ代表が直接対応

お客様が相続した不動産の取り扱いに困っていて、どういう対応があるのか知りたいのであれば、お気軽にお問い合わせください。現在に至るまでの知識と経験、ノウハウを活かして、お客様の悩み解決にあたります。

お気軽にお電話でご連絡ください
018-893-4623 018-893-4623
9:00~18:00
お答えします!

よくある質問

Q

不動産の売却が成立した後は、代金がいつ支払われますか?

A

一般的な不動産売却の場合、代金は2回に分けて支払われます。

初回は売買契約の締結時です。この際には、手付金として売却価格の5〜10%が買主様より支払われます。その後、不動産の引き渡しが行われるタイミングで残金が精算されます。なお、手付金の金額は条件交渉で変わるケースもございます。詳しくはご相談ください。

Q

不動産売却の際に必要な契約にはどのようなものがありますか?

A

仲介売却を不動産会社に依頼する際は、媒介契約の締結が必要です。「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」のなかから、ご自身の希望に合うものを選びましょう。媒介契約については、こちらでも詳しくご紹介しています。

なお、最終的には売買契約の締結も必要です。仲介売却の場合は買主様と、不動産買取の場合は不動産会社との間で結ぶ契約となります。

Q

売却前には、リフォームをしておく必要があるのでしょうか?

A

その建物の状況次第となりますので、一概にはお応えするのが難しい質問です。ただし、不動産会社に相談する前にリフォームをしてしまうのはおすすめできません。

担当者は不動産売却のプロです。リフォームの要不要をしっかりと見極められますので、その提案を聞いてからご判断ください。なお、不動産買取であればリフォームは不要。現状のまま売却が可能です。

Q

売却予定の家に住み続ながら販売活動はできるものですか?

A

ほとんどのお客様は、売出中の物件に住みながら販売活動を行っております。仮住まいなどに移られることもありますが、費用がかさんでしまいます。なお、購入希望者様が内覧をご希望される場合は、その対応でご協力いただく必要がございます。

内覧は不動産の魅力をアピールするチャンスでもありますので、お部屋の清掃やメンテナンス、インテリアの配置などに工夫をしてみましょう。当社でもアドバイスを差し上げますので、ぜひご相談ください。

Q

販売活動とは具体的にどのような内容ですか?

A

一般的な販売活動としては、インターネット広告や新聞落ち込みチラシ、ポスティング、オープンハウスの開催、顧客営業が挙げられます。そのほか、各不動産会社が独自に行っている販売活動もございます。

なお、活動項目が同じであっても、その内容については大きな差が生まれる部分でもあります。エリアを十分に理解した地域密着の不動産会社であれば、特性を踏まえた売却活動が行えるでしょう。当社の場合は秋田市に主軸を置いた販売活動を行っております。秋田市での販売活動に関してはぜひお任せください。

ご近所に売却のことを知られたくないのですが……
仲介売却における販売活動では、どうしてもチラシや広告などの宣伝が必要になります。しかし、プライバシーを重視した進め方もございますので、事前に不動産会社へ要望を出しておくようにしましょう。なお、当社ではお客様からこうしたご希望をいただいた場合、より厳重な体制で売却を勧めさせていただきます。安心してお任せください。

Q

まだ売却を決断していないのですが、査定をお願いしてもいいのでしょうか?

A

もちろんです。不動産がどの程度の価格で売却できるかが分からない状況だと、新居購入などに関わる資金計画も立てられないでしょう。査定結果を見た上で、今後の住まいについて考えたいという方も大勢いらっしゃいます。

また、査定を依頼することで不動産会社とのつながりもできるので、相談先にも困らなくなります。些細なことも遠慮なく相談し、将来の不動産売却に生かしましょう。

Q

査定金額を提示されたら、その額でしか売り出せませんか?

A

そのようなことはありません。査定額はあくまで売却価格を決定するための判断材料です。最終的な売出価格を決められるのは、お客様ご本人以外にいらっしゃいません。

ただし、査定を行っているのは不動産売却のプロです。そこから大きく離れた売出価格を設定すると、売却までに長い期間がかかる可能性もございます。査定書が提出された際は、「なぜこの金額になるのか?」といった説明を求めましょう。根拠のある回答が得られれば、ご自身で売出価格を考える際の良い材料となるはずです。

Q

複数の業者へ不動産査定を依頼してもよいのでしょうか?

A

問題ございません。非常に残念なことではありますが、一部の不動産会社のなかには契約欲しさに、高額な査定額を提出してくるところも存在します。相場からかけ離れた売出価格では当然買主様は見つかりません。結果的に、値下げを余儀なくされたという事例も多々見受けられます。

そのようなことにならないためにも、複数の不動産会社に依頼をして、価格の違いを比べてみましょう。また、査定時の対応から、不動産会社の信頼度も測れます。末永く付き合っていけると感じた不動産会社を選ぶのも、不動産売却成功の大きなポイントです。

Q

不動産の査定の詳しい内容を教えてください。

A

不動産査定は「簡易査定」「現地査定」の2種類があります。前者はお客様からお伺いした情報と市場の動向、周辺価格、地位の法規制・条例を基にしたおおよその額が分かります。

一方、現地査定はこれに加えて、不動産会社のスタッフが実際に現地まで赴き、建物の状況やリフォーム歴、日当たり、風通し、そのほかの環境面を考慮した査定を行います。より正確な売却額を知りたいとお考えの方におすすめです。

Q

不動産売却をしたいのですが、何から始めるのがよいでしょうか?

A

まずはご自身が所有されている不動産がどれくらいで売れるのかを調べましょう。インターネットなどで、類似する条件の物件がどの程度の価格で売り出されているかをチェックしてみてください。

その後、不動産会社へ査定を依頼しましょう。査定内容次第では、実際の売却価格に近い額が把握できます。これらの結果を基に資金計画を立てていくのが大切です。なお、当社では不動産査定を無料で承っております。ぜひお気軽にお申し付けください。

お気軽にお電話でご連絡ください
018-893-4623 018-893-4623
9:00~18:00
Company

地域密着型の不動産会社として秋田市に拠点に活躍しております

概要

会社名 株式会社トラスト・マン
住所 〒010-0918
秋田県秋田市泉南1丁目12−24
電話番号 018-893-4623
FAX 018-893-4628
営業時間 9:00~18:00
定休日 年末年始・土曜日・日曜日・祝日
※事前にご連絡いただければ休日でも対応可能
駐車場 有り
代表者 伊原 勝幸
設立年月日 平成26年1月7日
資本金 500万円
保有資格 秋田県知事免許(2)第2174号
所属団体 (公社)秋田県宅地建物取引業協会
(公社)全国宅地建物取引業保証協会
(公財)東日本不動産流通機構

アクセス

秋田市中心に数多くのお客様のご要望にお応えしてきた豊富な実績がございます。ご相談をいただきましたら豊富な経験を持つ専門スタッフがお客様の元へ足を運び、適切な提案をいたします。また、無料査定を行っておりますのでお気軽にご相談ください。
特徴

秋田市に所有する不動産の取り扱いに困っているならご相談ください

素早い対応で不動産売却をサポートします

予期せぬ形で、不動産を相続することになった際に今後どのように取り扱っていいのか決めきれず、相談窓口に困っているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。お客様に安心していただけるように丁寧な対応を心掛けていますので、不動産売却という大事な作業をしっかりサポートいたします。お客様のニーズをしっかり汲み取りながら販売手法もご提案いたします。ご相談は無料で受けられるので気軽にご利用いただけます。引き継いだ際に士業の先生方から、アドバイスを受けることもあるかもしれませんが、実務に精通しているわけではないので、実際に販売検討される際は不動産会社からの助言をもらうほうがイメージをもって進められる可能性が高いですので、相談の上査定と見積もりを受けてから検討されてみてください。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事